子供も大人も楽しめる!「おかざき世界子ども美術博物館」へ行ってみた

おかざき世界子ども美術博物館の看板 施設

愛知県岡崎市にある子供のための参加型体験美術館、その名も「おかざき世界子ども美術博物館」。
私はよく「いこーよ」という情報サイトで子どもの遊び場を検索するのですが、そのサイトで評価が高く気になっていたスポットです。先日ようやく行くことが出来ました。

こちらは、世界でも珍しい子どものための美術博物館。
美術鑑賞と創作活動の両面で、子どもたちの美術を「観る力」と「創る力」を養う事を目的としているそう。
また、美術を通した親子交流の促進も図っているとか。

おかざき世界子ども美術博物館の「妖精の棲む浮かぶ島」

外にはこんな大きなきのこが!

おかざき世界子ども美術博物館の「妖精の棲む浮かぶ島」

「妖精の棲む浮かぶ島」だそうです(笑)

おかざき世界子ども美術博物館の「妖精の棲む浮かぶ島」

何ともユニークなキノコの数々。

おかざき世界子ども美術博物館の「妖精の棲む浮かぶ島」

滑り台もあり子供たちも楽しんでおりました。

おかざき世界子ども美術博物館のオブジェ

別の場所にはこんなシュールなオブジェがお出迎え(笑)

おかざき世界子ども美術博物館のオブジェ

芸術的すぎてよく分からないものも(笑)

おかざき世界子ども美術博物館のオブジェ

何とも愛らしいワニさん(笑)

続いてお目当ての親子造形センターに行きました。

おかざき世界子ども美術博物館の造形センター

こちらでは、絵画、粘土、工作、そしてEB教室(EBとは電子線のこと。特殊な石膏基板に絵を描き、その上から樹脂材を塗って電子光線で焼き付ける)などがあり、とにかくいろいろな製作ができます。

おかざき世界子ども美術博物館の造形センター
おかざき世界子ども美術博物館の造形センター

こんな感じで、作りたいものによってお部屋が分かれています。
作りたいものを決めたら、券売機でチケットを買い、スタッフの方に渡すというシステム。
なんだか、大学の文化祭に来たような雰囲気で楽しいです。

おかざき世界子ども美術博物館の造形センター
おかざき世界子ども美術博物館の造形センター
おかざき世界子ども美術博物館の造形センター

娘は、ハートの形のストラップ、そして髪飾りのヘアゴムを作りました。
サインペン、色鉛筆、絵の具から好きなものを選んで描き、スタッフさんに渡すだけ。30分ほどで出来あがりました。スタッフさんも丁寧に親切に教えてくださいました。

おかざき世界子ども美術博物館の造形センターで制作

なかなか可愛い作品ができました。
ヘアゴムは、ゴムやビーズの色を選べます。これで400円(税込み)です。

おかざき世界子ども美術博物館の造形センターで制作

こちらはキーホルダーで500円(税込)です。
気に入って、早速保育園のリュックにつけています(笑)

娘はとっても楽しかったようで大満足。
息子も館内にあったアンパンマンの絵本に夢中でした(笑)

おかざき世界子ども美術博物館の造形センター喫茶室

今回は利用しませんでしたが、センター内には飲食ができる喫茶室もあり便利です。

この日は他に「あそべる恐竜博」という企画展もやっていました。
娘は「恐竜はやめとく。」と逃げ腰だったので行きませんでしたが(笑)子どもが楽しめるような企画展が定期的にやっているということでこちらも気になるところです。

駐車場は無料。室内も屋外もあり、低価格で子連れはもちろん、大人も楽しめるおすすめのスポットです(*^^*)


Webサイト [ おかざき世界子ども美術博物館 ] (公式)



最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
今後も当ブログを購読頂けると嬉しいです。

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました