生き物好きの息子がザリガニを初めて捕まえて大喜び☆

ザリガニ飼育

虫の多い季節になってまいりました。息子(無類の虫好き)にとっては大フィーバーな季節になってきて毎日虫の話をしています。

そんな中で、先日初めてのザリガニを捕獲し、大喜びしていました。

自宅の近くには田んぼがあり、オタマジャクシやカエル(既に捕獲済み)はわんさかいますが、ザリガニはまだ顔出しておらず、週末になると田んぼの中や横の用水路を見て「いないねー」なんて言っていました。

↓オタマジャクシとカエルを探す息子(男子特有の本能なのか真剣さが凄いです)

ザリガニ捕り

↓捕まえたオタマジャクシを網からそっと出そうとする息子(ちなみに虫かごにはオタマジャクシ20匹ほど捕まえて入れていました(笑))

ザリガニ捕り

そんなある日、田んぼでいつものように虫取りをしていると、近所の人らしきおじいさんが話しかけてきて、ザリガニなら「あっちの用水路によくおるぞ」とのこと。少し離れた家と家の間に用水路(少し広め)があり、そこにザリガニがよく出没するそうです。(全然気が付かなかった、、、)

さっそく行ってみましたが、水がほぼ無くて流れてませんでしたが、用水路沿いを歩いていると、息子が「あ、ザリガニいる!」と直ぐに発見し、みごと捕獲!(写真撮ってなかった)

↓絵にかいたような立派なザリガニ(笑)

ザリガニ

こんな感じで週末はいつも、息子と生き物探しをやっています。

ちなみに、捕獲したザリガニの現在の所在は息子が通っている保育園の生き物コーナーとなります。

息子の生き物に対する情熱が覚める様子がないので、玄関に生き物コーナー(虫かご置けるように棚を置く)を検討しております。

飼育家のこと


最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
当ブログをお気に入り登録頂けると幸いです。

Twitterをフォロー

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人
Nonta@パパ

このブログの筆者と運営(管理人)だよ。
基本的にマイペースでママによく急かされてるよ。
一般的なサラリーマンだよ。

担当:筆者、運営
性別:体力を失いつつある男
年齢:悟り始める30代
好き:のんびり、自然、甘いもの、車、デジタルな世界

Nonta@パパをフォローする
ナナイチLife@とあるファミリーの日常記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました