クスノキの番人(東野圭吾)を読みました

「クスノキの番人」東野圭吾その他

高校生の頃、東野圭吾の「手紙」を読んでから、東野圭吾の大ファンで、以来たくさん作品を読んできました。
最近子育てに追われてなかなか読書をする機会が減っていましたが、先日書店で東野圭吾の本を見かけて懐かしくなり、久しぶりに「クスノキの番人」という作品を読みました。

東野圭吾というと、ミステリー作家という印象がありますが、本作品は純粋に犯人探しを楽しむミステリーとはひと味違います。
「ナミヤ雑貨店の奇跡」と雰囲気が似ているので、ナミヤが好きな方はきっと楽しめると思います。

読みやすくて、ほっこり心が温まるストーリーで、お薦めしたい1冊です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
今後も当ブログを購読頂けると嬉しいです。

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました