今話題のテレワークをやってみた

パソコンの写真 仕事

こんにちは。

コロナウイルスの感染症は収束どころか拡大していますね。わたしが働く会社でも、連日のようにコロナウイルスに対する方針が配信されています。

予防策のひとつとして推奨されているテレワーク。つい先日機会があり、デビューしましたのでレポします。

わたしの会社のテレワーク規程によると、事前に就業環境の写真を添付した申請書を提出し、業務時間内にテレワーク業務日報を提出することが求められています。しかし、それを遵守さえすれば、PCのログがチェックされるわけでもなく、成果物さえ残せばわりと融通が効く仕組みになっています。

2日間今回取り組みましたが、全体的な感想としては非常に良かったです。

★メリット

①仕事がはかどる!

業務内容によっては、非常にはかどります。私は今回プロジェクトの会議を受けて、その摘録や資料作成をしました。

摘録なので、後から確認したい点があるとき、ボイスレコーダーを使いますが、部署であれば、周りに配慮してイヤホンをつけて声を聴き取りますが、なかなか周りで電話などをしている際に、作業がストップしてしまうことがあるんですよね。その点、テレワークであれば、イヤホンなしで聞けますし、聴き取りづらくて作業が進まないなんてこともありません。実際当初想定していた以上にスピーディに仕上がりました。

②通勤によるリスクやストレスがない!

実はわたしは電車を利用し、往復で2時間半の通勤時間がかかっています。このようなコロナウイルス感染症の拡大が叫ばれている中で、あの満員電車に乗らなければならないリスク、そして単純にストレスがなくなるということは大きいです。

③通勤にかかっている時間や、昼休みの時間を家事や育児、自分のやりたいことにあてられる!

会社での休憩時間は12時から13時までの1時間ですが、わたしはだいたい昼食を食べる→歯を磨く→化粧直しをする→スマホの確認(ニュースを見る、メールのチェック)という流れで過ごしています。まず、利用している社員食堂が自身の部署がある建屋から離れているので往復で10分かかり、化粧直しまで完了するとだいたい12時40分頃になっています。

それが家であれば、自宅でパパッとご飯が食べられますし、化粧直しの必要もありませんので、20分もあれば昼食が食べられ、歯磨きまで終わります。残りの休憩時間は夜ご飯の準備など家事にあてることもできます。

また、仕事後も早くに子どもを迎えに行くことができ、子どもとコミュニケーションをとる時間もたくさん得られます。

わたしは8時45分ー15時45分の時短勤務なのですが、通勤に片道1時間以上かかるので、いつもは17時頃家につきます。そして、そこから子どもを迎えにいき、17時半くらいからご飯→お風呂→歯磨き→寝かしつけの流れで過ごしているのですが、一緒に遊んだり、絵本を読んだりなど子どもとコミュニケーションをとる時間までなかなか持てません。

それが、テレワークであれば16時には迎えに行き、16時過ぎからスタートできる。この1時間ちょっとの差は大きいです。

実際、わたしは昨日息子が日曜から若干風邪気でしたので、子どもを迎えに行き、そのまま病院に行き、17時前には家に着くことができました。この病院に行くということも、普通に会社に行っていたら、息子の体調は気がかりですが、回復傾向にあるなら、17時半すぎから病院に連れて行くのも大変で、結局自然治癒力に期待するしかできなかったでしょう。

仕事前にスーパーに買い物に行ったりもしました。子ども2人を連れて平日に買い物に行く時間がなかなかもてないので、テレワークにより1人でゆっくり買い物ができたことは本当にありがたかったです。

2日間ではありましたが、テレワークの醍醐味を十分に堪能できたかと思います。

★デメリット

唯一あげるとしたら、セキュリティの問題で、外部から社内のファイルが保管されているフォルダにはアクセスができないことです。なので、事前に必要なファイルはデスクトップに置いておく必要があります。

テレワークの課題は、やりたいけど、どうしても社内に行かないと対応できない業務が残るという壁があるかと思います。

わたしも来客対応や郵便物の処理などあるので、なかなか毎日は難しいですが、これからも、もしできるタイミングがあれば積極的に取り組みたいと思います。

ではでは今日はこのへんで(o^^o)



最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
今後も当ブログを購読頂けると嬉しいです。

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました