【家庭菜園#5】双葉間引いて植え替えてみる

ラディッシュの間引き後 家庭菜園

こんにちはパパです。

先日、鉢にまき過ぎたラディッシュの種たちが発芽しましたが、森状態で「密」を解消すべく間引きをやることにしました。

間引きは、植物を栽培する際、苗を密植した状態から、少数の苗を残して残りを抜いてしまう作業のことで、ある程度苗の間隔を空けることで良く育つようです。

実際に、元気そうな?双葉を残して、引っこ抜いてみましたが、多すぎてどこまで間引いて良いのか分からない、、、(笑)
しかも、割と伸びているので双葉同士が絡まって大変なことになっている。。。
※トップの写真参照

抜いた双葉は捨ててしまうのが勿体ない気がしたので、プランターを用意して植え替えてみることにしました。
(今思えば、始めからこのようなプランターに植えるべきだった、、)
無知識なので、業界の方々、邪道でしたらすみません。。

とりあえず間引いた双葉を間隔開けて植えてみました。
なんだか双葉がしんなりしていて、これで育つのか不安ですが様子を見ることにします。

さらに、植え替えなかった双葉たちは、これまた捨てるの勿体ないと思ったので、食べました(笑)
根っこの部分を取って、土を洗い流して、ドレッシングかけて完成!
普通に美味しそう!

食べた感じは、カイワレダイコン!
というか、カイワレダイコンはダイコンの発芽直後の胚軸と子葉なので、そのまんまですね。

味は、カイワレダイコンの濃い味版という感じで、思っていた以上に美味しいです。
採れたて+自分で育てたという相乗効果もあるかもしれませんが、、、
これなら、大量に種まいてカイワレダイコンをサラダで楽しむというのも良いかもしれません。

間引きは様子をみてもう少しやってみようと思います。
次回は、また何か変化あったら書きます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
今後も当ブログを購読頂けると嬉しいです。

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました