ラン活レポート(13)羽倉(HAKURA)のランドセルの特徴 | ナナイチLife@とあるファミリーの日常記録

ラン活レポート(13)羽倉(HAKURA)のランドセルの特徴

羽倉のランドセルラン活

ランドセルのカタログを見ていて気になった会社の1つが「羽倉(HAKURA)」です。

羽倉(HAKURA)は2017年よりランドセル事業に参入した新しいランドセルメーカーです。登場したばかりですが、厳しい審査に合格した豊岡鞄認定のランドセルということで早くも注目を集めています。

羽倉の特徴は以下の通りです。

1.鋲なしの斬新なデザイン!

一般的にランドセルのかぶせ部分は、革を接着させるため金属の鋲で補強していますが、羽倉では、革の持つ美しさを引き出すため、長年培った職人の技術を活かして鋲止めがないかぶせを実現しています。
ちなみにトップ画像の写真は、耐性牛革スタンダードの「サックス」というカラーです。

2.カラーバリエーションが豊富!

羽倉のランドセルは、なんと全27色展開されています。子どもに似合う明るさ・鮮やかさを兼ね備えた色が揃っています。
2022年モデルは、メタリックなシルバーや、上品にきらめくグロスカラーが登場。黄色や白、オレンジ、黄緑など、他のメーカーでは見つからない色もあるので、お子さまの好きな色が見つからない…という方はぜひ一度チェックしてみてください。
個性的なランドセルを求めている人にもオススメです。

3.オーダーが可能。

羽倉のランドセルは、メインカラーとサイドカラーの組合せを選ぶことができます。
今年はサイドカラーに選択肢が増え(但しメインカラーによる)、背あて&肩ベルト裏、持ち手のカラーも選べる仕様になりました。その組み合わせはなんと62,000通り以上だそうです。オンリーワンのランドセルを注文できますよ。

4.持ち手はオプション、取り外し可能。

羽倉のランドセルの持ち手は、オプション(税込3,300円)になります。そして、取り外しが可能です。そのため、本体と同じ色を選択しても、アクセントに違う色を選択してもよいそうです。

羽倉のランドセル

5.牛革のランドセルが比較的お値打ち!

羽倉のランドセルの人気の耐性牛革スタンダードランドセルは、税込62,700円で、70,000円前後する他社に比べると比較的お値打ちです。
牛革がいいけど、価格が高いと諦めている方にもおすすめです。

6.背あてや肩ベルトウラは人工皮革。

羽倉の牛革スタンダードモデルは、牛革とありますが、背あてや肩ベルトウラは、人工皮革で牛革なのはフラップの表部分だけです。
工房系では、人工皮革のモデルでも、背あてや肩ベルトウラは牛革を使用しているメーカーが少なくありませんので、気になる方はいるかと思いますが、人工皮革を多く使用しているからこそ牛革スタンダードモデルでも他社に比べて1,320gと軽めで、価格も良心的だと思います。「背負いやすさや使いやすさ」、「デザイン」、「価格」など全体のバランスを考えながら、満足のいくランドセル選びができるといいなと思います。

愛知県では、唯一豊田市にある「山田屋」という店舗で取り扱いがあります(ただし、全商品ではなく、一部になります)。先日予約をして見てきましたので、また感想などを書きたいと思います。


Webサイト [ 羽倉のランドセル ](公式)


☆他のラン活レポートは、こちら↓をご覧ください☆

ラン活レポート(22)ランドセルカバーはセミオーダーできる「キッズ・イン・ワン」がおすすめ!
ラン活レポート(21)2022年度入学用のランドセルが届きました!「ランドセル工房生田」
ラン活レポート(20)今どきのランドセルの選び方をご紹介
ラン活レポート(19)プライベートレーベルのランドセル
ラン活レポート(18)「ACTUS(アクタス)」のランドセルがお洒落
ラン活レポート(17)「鞄工房山本」のアンティークブロンズが素敵!
ラン活レポート(16)2022年度入学ラン活終了!「ランドセル工房生田」のランドセルに決定!
ラン活レポート(15)「ランドセル工房生田」の特徴
ラン活レポート(14)羽倉(HAKURA)のランドセルを見てきました
ラン活レポート(12)atara「アタラ」のランドセル
ラン活レポート(11)土屋鞄のキシル名古屋店でランドセル探索☆2022年アトリエシリーズのご紹介
ラン活レポート(10)池田屋の展示会に行ってきました #2
ラン活レポート(10)池田屋の展示会に行ってきました #1
ラン活レポート(9)土屋鞄プロデュースのランドセルブランドgrirose(グリローズ)の2022年度モデル
ラン活レポート(8)中村鞄製作所の展示会に行ってきました
ラン活レポート(7)鞄工房山本のランドセル
ラン活レポート(6) 土屋鞄のガールズブランドgriroseのランドセル
ラン活レポート(5) 土屋鞄のランドセル
ラン活レポート(4) ランドセルの色は何色が良いか?
ラン活レポート(3) 萬勇鞄のランドセル
ラン活レポート(2)村瀬鞄行の名古屋本店
ラン活レポート(1) 黒川鞄工房のランドセル内覧会

ラン活育児


最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
当ブログをお気に入り登録頂けると幸いです。

Twitterをフォロー

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人
Hana@ママ

このブログの筆者だよ。
やるべきことは、さっさと済ませたい性格だよ。
食に目がないよ(特にパンと甘いもの)。

担当:筆者
性別:2児のママとは思えないスタイルをキープしている女
年齢:歳を噛みしめ始める30代
好き:パン、甘いもの、メルカリ

Hana@ママをフォローする
ナナイチLife@とあるファミリーの日常記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました