ラン活レポート(19)プライベートレーベルのランドセル

プライベートレーベルのランドセルラン活

ラン活するきっかけになったランドセルが「プライベートレーベル」でした。
高校からのお友達に「どこで買った?」と聞いたとき、「イオンの展示会でプライベートレーベルを買ったよ」との答えが返ってきたのがきっかけで、調べてみたら大人可愛いデザインが気に入りました。

ランドセル自体は、人気ブランドなどのファッション性の高いランドセルを手掛けるメーカー(株式会社 加藤忠)が作っています。

プライベートレーベルの特徴は、以下の通りです。

特徴

大人可愛いデザインでカラーバリエーションも豊富

プライベートレーベルのランドセル

プライベートレーベルは、正統派なシンプルなデザインに、かぶせのリボンがアクセントになり、大人可愛いランドセルです。

プライベートレーベルのランドセル

内装はこんな感じです。リボンなど可愛いディテールです。ちなみに上記写真はイトーヨーカドーの限定モデルの「ネイビー」です。

カラーバリエーションも豊富で、赤・ピンク系はもちろん、ラベンダー、ブラウン、キャメル、ホワイトをはじめ、パール系のカラーまでカバーされています。

プライベートレーベルのランドセルは、高島屋、イトーヨーカドー、イオンでそれぞれ限定モデルの取り扱いがありますし、インターネットからでも購入できるモデルもあります。

ちなみに、トップ画像は、イトーヨーカドーの限定モデルです。

プライベートレーベルのランドセル

ちなみに我が娘が推していたラベンダーは、イトーヨーカドー限定のモデルにありましたが、このように結構発色が良く、我が家の好みではありませんでした。

フィットちゃんがベースで機能的

ランドセル自体は大手ランドセルメーカーの「フィットちゃん」なので、背負いやすさ・丈夫さなどの面でも十分に優れています。

ランドセル自体はフィットちゃんの「ウイング背カン」で、肩ベルトが別々に動くので背負いやすくおろしやすいですし、ベルトも立ち上がっており、体によりフィットしお子さんの負担を軽減してくれます。

価格はやや高め

プライベートレーベルの価格は素材別に以下の通りです。

  • 人工皮革・・79,200円、80,300円
  • 牛革・・・・101,200円

他メーカーでは7、8万円台で牛革ランドセルを選べたり、10万円前後で他メーカーではコードバン(馬のお尻の皮/ランドセルの最高級の素材)を購入することができます。

大手ランドセルメーカーと比べて値段は約2〜4万円くらい高い印象です。

人気ブランドだけに価格はやや高めですが、予算的に問題なければ購入を検討してみてはいかがでしょうか?


Webサイト [ 株式会社 加藤忠 ](公式)


☆他のラン活レポートは、こちら↓をご覧ください☆

ラン活レポート(22)ランドセルカバーはセミオーダーできる「キッズ・イン・ワン」がおすすめ!
ラン活レポート(21)2022年度入学用のランドセルが届きました!「ランドセル工房生田」

ラン活レポート(20)今どきのランドセルの選び方をご紹介
ラン活レポート(18)「ACTUS(アクタス)」のランドセルがお洒落
ラン活レポート(17)「鞄工房山本」のアンティークブロンズが素敵!
ラン活レポート(16)2022年度入学ラン活終了!「ランドセル工房生田」のランドセルに決定!
ラン活レポート(15)「ランドセル工房生田」の特徴
ラン活レポート(14)羽倉(HAKURA)のランドセルを見てきました
ラン活レポート(13)羽倉(HAKURA)のランドセルの特徴
ラン活レポート(12)atara「アタラ」のランドセル
ラン活レポート(11)土屋鞄のキシル名古屋店でランドセル探索☆2022年アトリエシリーズのご紹介
ラン活レポート(10)池田屋の展示会に行ってきました #2
ラン活レポート(10)池田屋の展示会に行ってきました #1
ラン活レポート(9)土屋鞄プロデュースのランドセルブランドgrirose(グリローズ)の2022年度モデル
ラン活レポート(8)中村鞄製作所の展示会に行ってきました
ラン活レポート(7)鞄工房山本のランドセル
ラン活レポート(6) 土屋鞄のガールズブランドgriroseのランドセル
ラン活レポート(5) 土屋鞄のランドセル
ラン活レポート(4) ランドセルの色は何色が良いか?
ラン活レポート(3) 萬勇鞄のランドセル
ラン活レポート(2)村瀬鞄行の名古屋本店
ラン活レポート(1) 黒川鞄工房のランドセル内覧会

ラン活育児


最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでも「いいね!」と思いましたら、
当ブログをお気に入り登録頂けると幸いです。

Twitterをフォロー

ブログランキングに参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人
Hana@ママ

このブログの筆者だよ。
やるべきことは、さっさと済ませたい性格だよ。
食に目がないよ(特にパンと甘いもの)。

担当:筆者
性別:2児のママとは思えないスタイルをキープしている女
年齢:歳を噛みしめ始める30代
好き:パン、甘いもの、メルカリ

Hana@ママをフォローする
ナナイチLife@とあるファミリーの日常記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました